e-CSTI

Evidence data platform constructed
by Council for Science, Technology and Innovation

本文へ
文字サイズ
言語

分析ツールを更新しました(研究資金配分と論文アウトプットの関係性分析)

  • 2021年6月22日

分析メニュー「国立大学・研究開発法人等の研究力の見える化」について、「研究資金配分と論文アウトプットの関係性分析」の分析ツールと資料を更新しました。
本分析では商用書誌情報データベースに収録された論文データと国立大学法人、研究開発法人、大学共同利用機関法人に所属し、府省共通研究開発システム(e-Rad)に登録されている研究者の予算執行データを紐づけることにより、研究資金配分と論文アウトプットの関係性の見える化を行っています。今回の更新により、2018年度の予算執行データと2019年に出版された論文データとの関係性の分析が可能となりました。

今回更新した分析ツール
・研究資金獲得状況と論文輩出の関係性(Scopus)
・任期の有無と論文輩出の関係性(Scopus)
・研究機関区分の違いによる研究資金獲得状況と論文輩出の関係性(Scopus)


可視化分析ツールは こちら

page top